発端は11年前にあった 9・11に向けて敷かれていた、伏線の数々

有料会員記事米同時多発テロ

ニューヨーク=中井大助
[PR]

 2001年の米同時多発テロの起源は、どこにあったのか。国際テロ組織アルカイダが民間の飛行機をハイジャックし、ビルに突撃させる計画を決めたのは、1999年ごろとされる。だが、テロにつながる動きはその何年も前からあった。

最初の事件は1990年

 90年、ニューヨーク(NY)のホテルで銃撃事件が起きた。被害者のメイア・カハネ氏は、米国出身の正統派ユダヤ教指導者だった。イスラエルで国会議員を務めたが、極右主義の主張が問題となり、同国内での活動が禁止されていた。NYで講演していた同年11月5日、エジプトからの移民のイル・サイード・ノサイル受刑者に射殺された。

 米公共ラジオ局WNYCのジム・オグレイディー記者は「当時、事件は謎に包まれ、理解されなかった。NY市警も誤って、『精神的に不安定な単独犯による事件』と位置づけた。しかし、9・11(同時多発テロ)につながる最初の攻撃となった」と話す。

 オグレイディー記者は、9・11に至る経緯を検証したポッドキャストを担当。昨年に発表したポッドキャストでは捜査関係者や内通者としてテロ組織に潜入した関係者への取材を通じ、当時の様子を再現した。

 ニュージャージー州に住んでいたノサイル受刑者は内戦が続いたアフガニスタンで戦闘員になりたいと考え、家族の反対にあったことから断念し、NYで事件を起こしたことが後に明らかになる。自宅からは過激なイスラム主義への傾倒や、「高いビルへの攻撃」を示唆するアラビア語の資料も押収された。だが、この時の捜査では翻訳されなかった。

9・11の現場、過去に爆弾事件

 ノサイル受刑者に影響を与え…

この記事は有料会員記事です。残り1607文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら