青樹泉の夢の第2幕 男役から現役支える理学療法士に

有料会員記事宝塚歌劇団

河合真美江
[PR]

すみれForever:30

 りりしい長身の立ち姿で活躍した宝塚歌劇団月組の元男役スター青樹泉(あおきいずみ)さん。1999年入団の85期生です。2012年に退団し、目標を定めて次の道へ。いま、理学療法士となって整形外科に勤めています。人生の新たなステージの夢とは――。

宝塚歌劇団OGのみなさんが、次の人を指名しながらリレー形式で登場するインタビュー企画。今回は、元月組トップスターの霧矢大夢さんから、青樹さんへ。

 私には理想の男役像がありました。懐の深い男役です。見えないところでも、常に支えている。ずっと相手の幸せを願う、愛情深い男役。

 まさに「紫子(ゆかりこ)」(10年)の風吹(ふぶき)です。紫子をいちずに思い、命をかける浪人風吹を演じて、こんな男役になりたかったんだと思いました。その前の公演をけがで休演していたので、舞台に再び立てる喜びも大きかった。

 左足のひざの骨が欠けてしま…

この記事は有料会員記事です。残り2039文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら