「史上初」の女性ライダーが語る 仮面ライダー的かっこいい人間像

有料会員記事

聞き手・高久潤
[PR]

 「仮面ライダー」が今年で放送開始から半世紀を迎えた。「怪奇アクション」という、ちょっとおどろおどろしいうたい文句で登場した特撮ヒーローは、時代の変化を物語や変身姿に盛り込みながら進化を続けてきた。いまのライダーたちは初代の姿から見ると様変わりしているように見えるが、普遍的なかっこよさはあるのだろうか。2019~20年のシリーズに、女性ライダーとして出演した井桁弘恵さん(24)に尋ねると、「やさしい社会をつくるために力を尽くせるところ」という答えがかえってきた。それは、どういうことでしょうか。

 1997年生まれ。福岡県出身。大学在学中からモデルとして活躍。ドラマ「お耳に合いましたら。」などに出演。女性誌「MORE」のモデルとしても活躍。

 ――「仮面ライダーゼロワン」で仮面ライダーバルキリーを演じました。女性が仮面ライダーに変身するケースがこれまでなかったわけではありませんが、物語の序盤から最後までレギュラーで登場する女性ライダーは初めてで話題になりました。

 「史上初ということはあらかじめ聞いていたんですが、女性が変身して戦うのが特別である、という意識が私にはありませんでした。制作発表後に大きな反響になってすごく驚きました」

 「子どものときは、あまりテレビをみていなかったんです。記憶に残っている『変身もの』と言えば、アニメの『おジャ魔女どれみ』ですね。仮面ライダーはテレビのチャンネルを変えていたら、たまにやっているな、というくらいでした。敵と戦うシーンの印象が強くて。戦って倒れている場面をちらっとみると、怖いなあ、『男の子が楽しむものでしょ』とひいた感じで見ていました」

 ――「仮面ライダーゼロワン」では、パワー重視で陽気なイメージのバルカンに対して、演じたバルキリーは対照的な設定でした。

 「AIを派遣する会社の技術顧問という仕事でした。理系で理論派のクールな性格で何を考えているのかわかりにくい。実際にどう演じるのがいいのか迷い続けました」

いつのまにか「女性っぽい」動き 寄せていた自分

 ――それは、女性のライダーってなかなかイメージがしにくかったからですか。

 「いや、女性だからというのは関係ないんです。むしろ撮影するときに女性であることを意識させられたり、女性だからこう演技してと言われたりしたこともありませんでした。バルキリーにはそういう役回りは求められなかったからこそ、周りの男性キャラクターに戦士としての力強さで劣らないよう、せりふ回しや身のこなしには気を使いました」

 「ただセリフの口調が『~だ』という感じで、慣れていないこともあって……。あと、こういう役をやってみると、自分がいつのまにか『いかにも女性っぽい』動きやふるまいに寄せてしまう傾向があるのにも気づきました」

 ――どういうことですか。

 「『スーパー戦隊』シリーズの女性の登場人物って『いかにも女性っぽい』と思われる動きをしますよね。少しキャピっとした感じの。元々熱心にみていたわけでもないのになんとなくそっちに寄せがちになったんです」

 「そのときに気づいたのは、私がこれまで他の作品で演じてきた役は、世間から女の子っぽいと思われる典型的な感じの人物が多いんだなってことでした。ふわっとやわらかい感じの女性です。でも、実際の私はバルキリーに変身する刃唯阿(やいば・ゆ・あ)の方が性格は近いと思うんです。結構、『なぜこうなるのだろう』という理屈を重視しますし、あと『女の子っぽい』感じもあまりしっくりこないですしね」

 「変身後の姿が私は大好きなんです。チーターをもとにした無駄のないシルエットがかっこいい。シンプルで女の子っぽさもあまりなくて」

 ――女の子っぽいのが好きじゃないんですか。

 「これは演じてて思うようになったんですが、かわいらしい服とかわいらしい女性っぽい性格って自分の中でいつのまにか前提としてつながっていて。ライダーとしてヒーローを演じてみて、そのつながりってちょっと違うのかなあ。もっと自由であっていいのかもと」

 「もちろん身体的な特徴と性別ってある程度はつながっていますよね。私がどうふるまったところで『女性』とみられるでしょうし、バルキリーの変身後の姿の曲線美も女性的と言えるかもしれない」

 「男性的と女性的は両極端でまったく別のものというよりも、グラデーションとして考えた方がいいんじゃないかと思うようになりました。『かわいい』というのがそうだとすると、『かっこいい』もそうだと思うんです」

記事後半では、井桁さんが演じるライダーが「闇落ち」した時の視聴者の意外な反応から、井桁さんが感じたヒーローの強さについて語っています。

「闇落ち」しても…ヒーローの強さは「願いの強さ」

 ――かっこいいは男性のものではない、ということですか。

 「そうです。かっこいいもか…

この記事は有料会員記事です。残り689文字有料会員になると続きをお読みいただけます。