双子の上野パンダ、すくすく元気 名前は来月決定 写真で見る成長記

本間ほのみ
[PR]

 上野動物園東京都台東区)で6月に誕生したジャイアントパンダの双子がもうすぐ生後3カ月を迎える。すくすくと順調に育っている2頭。気になる名前は、9月下旬の候補選考委員会での検討を経て、10月中旬以降に決まる予定だ。

 双子は6月23日に生まれた。園で双子のパンダが誕生するのは初めて。2頭の世話は母親のシンシンと職員で1頭ずつ交互にしているという。

 2頭はオスとメスで、生まれた時の体重は2頭とも100グラム台、体長は10センチ台。見た目はピンク色で白黒の模様もはっきりしていなかったが、生後50日ごろには毛が生えそろってくっきりとした模様に。生後76日には体重が4キロ台、体長は50センチほどと大きくなった。

 生後間もない頃はビチビチと跳ねるような動きしかできなかったが、生後2週間ごろには寝返りを習得。いまは匍匐(ほふく)前進のようにはって移動できるようになった。まだまだ甘えん坊だが、シンシンと離れると泣いていた生後直後と比べると、ひとりで過ごせる時間も長くなってきた。

 ただ、一日のうち寝ている時間が多く、まだそれぞれの個性は見えていない。一般公開の時期は成長を見ながら判断するという。(本間ほのみ)