スーパーソニック、千葉市は後援取り消し 主催者「延期難しい」 

新型コロナウイルス

重政紀元
[PR]

 千葉市のZOZOマリンスタジアムで18、19日に開催される予定の音楽イベント「スーパーソニック」について、千葉市は9日、後援を取り消すことを決めた。

 スタジアムを所有する市は新型コロナウイルス対策の観点から、主催者に開催の延期と入場者数減を求めていた。市によると、9日に「延期は難しい。規模は極力縮小するが、(事前にチケットを販売済みで)市が求めていた5千人以下にすることもできない」との趣旨の文書が届いたという。後援は名義だけで、市は開催支援の補助金などは出していない。

延期求めていた市長「残念だが、強制できない」

 市は開催当日、感染防止対策がされているかの確認のために会場に職員を派遣するほか、施設周辺のパトロールも行う。9日夜に取材に応じた神谷俊一市長は「残念だが、市の権限では強制はできない。今後は徹底した感染対策を求めていく」と述べた。(重政紀元)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]