アフガンから米国人ら100人以上が退避 米軍撤退後、空路では初

有料会員記事アフガニスタン情勢

ワシントン=高野遼、バンコク=乗京真知
[PR]

 米国家安全保障会議(NSC)のホーン報道官は9日、米国人らを乗せたカタール航空の民間機が、アフガニスタンの首都カブールからカタールの首都ドーハに到着したと発表した。8月末にアフガン駐留米軍が撤退して以来、空路で外国人が退避したのは初めて。

 米政府は退避便再開をめざし、タリバンタリバンの友好国カタールなどと協議していた。ロイター通信によると、米国人のほかカナダ人やドイツ人ら100人以上が搭乗したという。

 ホーン報道官は、カブールの空港でのカタールによる運航支援や安全確保に感謝を表明。タリバンも協力的だったとして「彼らは柔軟に、ビジネスライクでプロフェッショナルな対応をしてくれた。前向きな一歩だ」と評価した。

 国務省のプライス報道官によると、今回の退避便については39人に声をかけ、米国人10人と永住権を持つ11人が搭乗した。家族の事情などで退避を見送った人もいたという。プライス氏はタリバンに対して「さらなるステップは、米国や国際社会から歓迎されるだろう」と今後の協力にも期待を示した。

 カタール衛星放送局アルジ…

この記事は有料会員記事です。残り358文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら