曽祖父が渡った1945年の旧満州 25歳が超絶技巧で「再現」

有料会員記事

編集委員・大西若人
[PR]

 76年前の旧満州中国東北部)の風景や人々を、絵画の形で克明に「再現」した青年画家がいる。東京芸術大大学院に籍を置く津絵太陽さん、25歳だ。この1年ほどで描いた、そうした絵画約20点を集めた個展「みなそこへ。」が14日まで、東京都中央区の日本橋高島屋の美術画廊で開かれている。高い技術に裏打ちされた、静けさを感じさせるモノトーンが基調の写実的な表現。津絵さんは、なぜ旧満州を描き、何を伝えようとしているのか。

 塹壕(ざんごう)の中で一服しているかのような兵士の姿が大画面に、高精細のモノクロ写真かと見まがうほどに精密に描かれている。古い写真を元にそのまま描いたわけではない。当時の写真や資料を調べ、実際に穴を掘って塹壕を作り、当時の軍服を着た男性に入ってもらった。その様子を描いているのだ。大地に立つ女性像も、現地で取材した風景とモデルの女性を組み合わせている。

 街角を描いた作品でも、古い写真から起こしたものもあれば、現在の建物から当時の姿を「復元」したものもあるという。

 津絵さんは話す。

 「古い写真をそのまま描いて…

この記事は有料会員記事です。残り806文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら