文章を速く読めない僕が立ち向かう 高校入試の壁

有料会員記事凸凹の輝く教育

編集委員・宮坂麻子
[PR]

 中学の定期試験と高校入試――。読み書き障害がある子どもたちにとっては、ほかの子以上に高く思える二つの「壁」だ。

 奈良県の公立中2年の男子生徒(14)も、いま、その「壁」をどう乗り越えるか試行錯誤している。

 文章を読むのがとても苦手で遅い。字も早く書こうとすると、手書きでは形が整わない。小学校高学年の漢字の読み書きもほとんどできない状況で、小5から通級指導教室に通う。

 小学生のころは、宿題のプリントなどは、母が隣について問題文を読み上げ、答えだけをひらがなで書いた。耳から聞けばすぐに理解し、正解を言える。

学びの支えになった「音声付教科書」と音声専用ペン

 そんな時、小学校の先生から…

この記事は有料会員記事です。残り2060文字有料会員になると続きをお読みいただけます。