猛烈な台風14号、12日午後に沖縄・先島諸島に接近 暴風に警戒

島崎周
[PR]

 気象庁によると、猛烈な台風14号は11日午後3時現在、沖縄の南を北北西へ時速約15キロで進んでおり、12日午後に沖縄・先島諸島に接近する見通しとなっている。気象庁は沖縄地方では12日以降、暴風や高波に厳重な警戒をするよう呼びかけている。

 11日午後3時現在、中心の気圧は910ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は55メートル。非常に強い勢力で12日午後に先島諸島に接近する見込みの台風14号は、14日にかけて東シナ海を北上。16日にかけて強い勢力のまま停滞する見通し。

 沖縄気象台によると、八重山地方では12日昼ごろから猛烈な風が吹く見込みで、11日から13日にかけて予想される最大風速は、八重山地方で45メートル、宮古島地方で20メートル。最大瞬間風速はそれぞれ65メートルと30メートル。

 また八重山地方では、12日正午までの24時間降水量は130ミリ、13日正午までは100~200ミリと予想されている。気象庁土砂災害や低い土地への浸水、河川の増水についても厳重な警戒を呼びかけている。(島崎周)