五輪費用、3兆円超? 関係者「もっと大きい」 押しつけ合う大赤字

有料会員記事

前田大輔、岡戸佑樹、伊藤嘉孝
[PR]

 東京五輪パラリンピックが閉幕し、これから検証が始まる。大会経費は招致時の想定から膨張。新型コロナの影響でさらに追加コストがかかったが、収入は減り、巨額の赤字が確実視されている。結局どれだけの税金が使われたのか。全容はまだ見えない。(前田大輔、岡戸佑樹、伊藤嘉孝)

 総額7340億円。

 2013年の招致時に、東京都が示した開催経費の見積もりだ。アピールしたのは「コンパクト五輪」だった。だが、現時点での大会経費は1兆6440億円。8年で2倍超にまで膨らんだことになる。

 負担するのは、都、国、大会…

この記事は有料会員記事です。残り1453文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら