「SOGIハラ」にあたる言動とは 性的指向への侮辱めぐり労災認定

有料会員記事

大貫聡子
[PR]

 性別変更した看護助手が精神障害を発症したのは、職場で性的指向や性自認について侮辱を受けたためだとして、茨木労働基準監督署大阪府茨木市)が今年2月に労災認定したことが分かった。こうした侮辱行為は「SOGI(ソジ)ハラ」と呼ばれ、パワハラにあたると国が昨年に明文化した。まだ行政機関が認定したケースは少ないとみられ、人権団体などが理解を呼びかけている。

 SOGIとは、性的指向「Sexual Orientation(セクシュアル・オリエンテーション)」と、性自認「Gender Identity(ジェンダーアイデンティティー)」の頭文字を取った言葉だ。

 「LGBT」などと呼ばれる性的少数者であるかどうかに関係なく、すべての人が持つ性別や性的指向に関わる概念を指す。

「当事者がいるという前提で行動を」

 SOGIハラスメントとは…

この記事は有料会員記事です。残り551文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら