夜の神社、さい銭箱に棒入れる男 「通報しなくちゃ」動いた目撃者

原田達矢
[PR]

 神社のさい銭を盗んだ男を目撃し、110番通報したことが逮捕につながったとして、東山署は京都市東山区の会社員、本田ゆりさん(28)に感謝状を贈った。

 署などによると、事件発生は7月24日夜。悪縁を切り、良縁を結ぶ神社として知られる安井金比羅宮(東山区)へ参拝に来た本田さんは、さい銭箱の中を明かりで照らしている男を見つけた。男は棒の先に粘着物を貼りつけて箱の小銭を取り出しており、本田さんに気づくと座り込んだ。

 「これは110番通報しなくちゃ」。警察の密着番組が好きなこともあってか、とっさに携帯電話を手に取った本田さん。気づかれないように通報してから数分後、駆けつけた警察官に目撃したことを証言。男は現行犯逮捕された。

 感謝状を受け取り、「とっさに動いていた。人生で初めて通報したけど、逮捕に貢献できてよかった」。冨田明信副署長は「勇気ある行動に大変感謝している。小さなことと思わずに犯罪と思ったらぜひ110番してほしい」と話した。(原田達矢)