午前10時にキックオフした事情 女子プロサッカーWEリーグ開幕戦

金子智彦
[PR]

 サッカー女子のプロ「WEリーグ」が12日、INAC神戸レオネッサ―大宮アルディージャVENTUS(ノエビアスタジアム神戸)の一戦で開幕した。キックオフは午前10時と、プロの世界では異例の早い時間になった。なぜか?

 この試合は関西ローカルのテレビで生中継された。INAC神戸の安本卓史社長によると、テレビ朝日系列の朝日放送(ABC)に生放送を持ちかけたところ、「朝10時からはあり得ますか?」という思いがけない逆提案を受けた。

 昼過ぎの放送枠は、すでにゴルフの日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯で埋まっていて、「新参者」が入り込む余地はなかった。安本社長が、チームを率いる星川敬監督に「朝の試合」を打診したところ前向きだった。また、東京オリンピックの競技が午前中から行われ、それをテレビやネット配信で視聴する感覚がまだ人々に残っているのではないか、という計算も背中を押した。

 放送権料などの壁を乗り越え、関係各所への調整を数カ月続けて、何とかこぎ着けた「午前10時のテレビ中継」。昨季の皇后杯で優勝した日テレ・東京ヴェルディベレーザと、昨季のなでしこリーグ覇者の三菱重工浦和レッズという優勝候補がぶつかる午後1時半開始の試合に先んじて、「WEリーグオープニングマッチ」の冠を奪った。

 試合前、星川監督は「(午前開始は)本当に前代未聞だと思う。ちょっとラッキーだったが、名前が残る試合になる。大宮といい試合をして、できればファーストゴールを自分たちのチームから出したい」と語っていた。

 前半4分、INAC神戸の元日本代表FW高瀬愛実が第1号ゴール。その後もホームのINAC神戸がゴールを重ねて快勝した。スタジアムで観戦した4123人に加え、テレビ観戦した関西のファン、サポーターにも新しい女子サッカーの姿をみせられた。

 コロナ下、先行きが不透明な中船出したリーグだが、縛られる前例がないからこそ実現できた。リーグ、クラブ双方にとっても意味あるチャレンジだった。この柔軟な精神は今後も大切にして欲しい。(金子智彦)