WEリーグ開幕も「一気に変わるわけではない」 浦和エースの決意

有料会員記事

松本麻美
[PR]

 「WEリーグに変わったからといって、何かが一気に変わるということではない。日本で女子サッカーが根付く環境をつくっていくためには、見ている人を楽しませるサッカーをすることがすごく大事になると思う」

 日本初の女子プロサッカー「WEリーグ」が開幕した12日。東京五輪日本代表で、三菱重工浦和レッズレディースに所属するFW菅沢優衣香は、歴史的な日を逆転勝利で飾った後も、揺るぎない口調で未来を見据えた。

 昨季なでしこリーグを制した三菱重工浦和と、昨季の皇后杯優勝の日テレ・東京ヴェルディベレーザの一戦。新リーグ開幕節での「名門」対決に、アウェー・味の素フィールド西ケ丘のチケットも完売していた。

 前半は0―1とリードを許すなか、菅沢は後半開始からピッチに立った。同4分に鋭い右クロスにダイレクトで右足を合わせて同点ゴール。中盤で激しいボールの奪い合いが続くと、全ての選手がめまぐるしくポジションを変えながら対応し、アウェーの客席をうならせた。そして試合終了間際。三菱重工浦和は菅沢のパスを起点に攻め込むと、最後はMF塩越柚歩がこぼれ球をゴールに突き刺し、逆転した。

 手応えの残る内容に、エースの菅沢は「チームが流動的に動いて、色々な攻撃ができるのが今の浦和の強み。これからもこういうサッカーを続けていきたい」と誇った。

 開幕前から、チーム内に「結…

この記事は有料会員記事です。残り266文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら