北朝鮮「新型巡航ミサイルの発射に成功」と報道 米韓への牽制狙いか

有料会員記事

ソウル=鈴木拓也、ワシントン=園田耕司、北京=高田正幸
[PR]

 北朝鮮朝鮮中央通信は13日、北朝鮮が11、12の両日に新型長距離巡航ミサイルの試射に成功したと報じた。巡航ミサイルの発射は国連の安保理制裁決議違反にあたらないが、報道が事実ならば日本を射程に収めるため、日本政府は懸念を強めている。

 北朝鮮ミサイル発射を公表したのは、今年3月に短距離弾道ミサイルを日本海に向けて発射して以来となる。同通信によると、発射された巡航ミサイルは楕円(だえん)や8の字の軌道を描き、発射から7580秒(約2時間6分)で1500キロ先の標的に命中したという。試射は成功し、新たに開発された高効率のタービンやミサイルの飛行操縦性、命中正確性が設計通りの成果を出したと報じた。発射や落下の地点には触れていない。日本政府によると、日本の領海や排他的経済水域(EEZ)への飛来は確認されていない。

 同通信は、今回のミサイル発射朝鮮労働党政治局常務委員の朴正天(パクジョンチョン)前軍総参謀長らが立ち会ったとしているが、金正恩(キムジョンウン)総書記の動静は伝えていない。朴氏は「国防部門が成し遂げた画期的な成果」と評価した。

 同通信はまた、戦略兵器であ…

この記事は有料会員記事です。残り814文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら