• アピタル

コロナ対応拠点の保健所、対策取っていたがクラスター 職員5人感染

新型コロナウイルス

[PR]

 大津市保健所で職員5人が新型コロナウイルスに感染していたことがわかり、市は12日、保健所でクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。他部署から応援の職員を出し、コロナ対応の業務に支障はないという。

 市によると、陽性と確認されたのは、濃厚接触者を特定する調査を担当していた市職員3人と、事務を担っていた人材派遣会社の職員2人で、全員が軽症。執務室の換気やパーティションの設置などの感染対策はとっていたが、情報共有などで職員同士が接する機会が多かったという。

 佐藤健司市長は「感染症対応の拠点でこうした事態となり、市民にご心配をおかけしたことを深くおわび申し上げる」と謝罪した。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]