「不思議とは思いません」藤井聡太三冠誕生に羽生善治九段らコメント

[PR]

 将棋の藤井聡太二冠が13日、第6期叡王戦五番勝負(不二家主催)を3勝2敗で制して叡王のタイトルを獲得し、史上最年少(19歳1カ月)で三冠となった。日本将棋連盟会長の佐藤康光九段、これまでの最年少記録を持っていた羽生善治九段、師匠の杉本昌隆八段がコメントを発表した。

日本将棋連盟会長・佐藤康光九段】

 この度の叡王位獲得並びに最年少三冠達成、誠におめでとうございます。

 白熱した内容の中、見事な結果でした。

 大きな勝負が続いていますが、体調にご留意され益々(ますます)のご活躍を祈念いたします。

【これまでの最年少三冠の記録を保持していた羽生善治九段】

 叡王、奪取おめでとうございます。

 十代での三冠達成は大記録に間違いありませんが昨今の藤井さんの内容の充実ぶりを考えると不思議とは思いません。

 今後もどのような将棋を指して飛躍を遂げるのかとても楽しみです。

【藤井三冠の師匠、杉本昌隆八段】

 叡王獲得、そして最年少三冠達成おめでとうございます。

 閉塞感(へいそくかん)のある社会情勢の中、輝かしい記録を更新し続ける藤井三冠を師匠として誇りに思います。

 叡王はまだ歴史が浅く新しいタイトル。新叡王として新たな歴史を刻まれることを期待しています。