阪神タイガース、快進撃の理由は試合前にも? 「円陣」の裏側に迫る

有料会員記事KANSAI

内田快、伊藤雅哉
[PR]

 「シェアしたい話があります」。9月3日、巨人戦(甲子園)前の円陣で、阪神・仲野伸洋トレーナー(45)が切り出した。入団9年目、トレーニングの指導中も笑みは絶やさない。チームの元気印だ。

 話は、2匹のカエルが深い穴に落ちた。1匹は座して死を待ったが、もう1匹は脱出したというもの。あきらめないこと、そして周りの声かけも大事だと訴えかける趣旨だった。

 仲野トレーナーは、こう締めくくった。「今日誰かが穴に落っこちるかもしれない、全員で励まし合っていきましょう!」

 3日からの巨人3連戦。首位浮上のためには1敗もできない状況だった。選手たちは3戦とも先制されながら、奮闘して2勝1分けに持ち込んだ。

阪神の円陣ルール

 円陣は試合開始の約15分前にある。まずコーチを中心に作戦面の確認をする。その後、一人の選手が声出しをして「さあ行くぞ」と士気を高める。勝てば験担ぎで次戦も同じ人が務め、負ければ前任者が次の人を指名するのが基本だ。

首位の要因は円陣にあり?

16年ぶりのリーグ優勝をめざす阪神タイガース。マルテ選手が本塁打を打ったときの「ラパンパラ」ポーズや、本塁打を打った選手にお手製の金メダルをかけるなど、明るい雰囲気や一体感が目につきます。後段ではこうした円陣の効果について考察しています。

 「そのローテーションの谷間…

この記事は有料会員記事です。残り956文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
#KANSAI

#KANSAI

近畿の魅力を再発見する新企画。社会・経済から文化・スポーツまで、地元愛あふれるコンテンツをお届けします。[記事一覧へ]