(魂の中小企業)「傘がない」 サッカー少年が得た商売のヒント

会員記事

[PR]

(前編)満車、満車、駐車場がない

 35年前、私は駆け出し記者として、鹿児島で警察担当をしておりました。

 たとえば火事の取材です。

 消防車のサイレンが聞こえます。消防局に電話して、現場の住所を教えてもらいました。さあ行くぞと、住宅地図とにらめっこしながら車を運転するのですが……。

 現場にたどりつけないことがよくありました。トホホな思い出です。

 いまは便利になりました。カーナビがありますもの。

 ただ、あらたな問題、発生です。

 カーナビが言います。

 「目的地周辺です。案内を終了します」

 やっと着いたとホッとするのですが……。この駐車場、満車。あそこも満車。満車、満車。ない、ない、駐車場がない。

 そうして、目的地からかなり離れたところに止めなくてはならなくなります。

 これ、どうにかならないの?

 大阪市浪速区にある、いわゆるミナミに、どうにかしてくれる会社があります。

 「akippa」

 あきっぱ、と読みます。

    ◇

 この会社が提供しているサービスは、駐車場の予約です。ドライバーがアプリを使って駐車場を予約し、akippaに支払いも済ませます。あとは駐車場を利用するだけ。駐車場のオーナーにはakippaからお金が届きます。

 ただいま予約できる駐車場は全国に累計4万7千カ所。コインパーキングや月決め駐車場だけでなく、ホテルや個人宅もカバーしています。

 駐車場のオーナーにとっては、空いている駐車場の有効活用です。だからドライバーは安く借りられるし、オーナーにはお金が入る。いわゆる、ウィンウィンです。

 2014年にこのサービスを始めた創業社長、金谷元気さん(36)。なぜ始めたのか、彼の物語を紡ぎます。まずは、前編です。雨の日に買った100円傘から得た、商売のヒントとは。

進路は「第1希望セレッソ、第2希望ガンバ」

    ◇

 大阪府柏原市に生まれた。愛読書は、マンガ「キャプテン翼」。翼くんのライバルで孤高のストライカー、日向小次郎が大好き。金谷はサッカー少年となる。ポジションは、もちろんフォワードだ。

 ボクは世界一のサッカー選手になる!

 中学時代。地域にあったジュ…

この記事は会員記事です。残り1621文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載魂の中小企業

この連載の一覧を見る