立憲、ジェンダー平等を目玉公約に 「自民ではできない」との思いか

有料会員記事立憲2021衆院選

三輪さち子
[PR]

 立憲民主党が13日、衆院選自民党に対抗する上で、最も「強み」となるジェンダー平等に関する政策を打ち出した。

 選択的夫婦別姓の実現を求める人は増えている。朝日新聞社の世論調査(2020年1月)で、「賛成」は69%に上る。とくに若い世代に「賛成」が多い。

 最近では、経済界からも「改姓には煩雑で膨大な事務手続きや出費を強いられる」として別姓の実現を求める声が上がっている。

 こうした社会の変化を意識し、枝野氏は次の衆院選公約の目玉として掲げた。

 自民党総裁選の候補者が出そ…

この記事は有料会員記事です。残り734文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]