万博協会の女性理事比率、16%→42%に ジェンダー平等へ是正

有料会員記事

箱谷真司
[PR]

 2025年大阪・関西万博を運営する日本国際博覧会協会(万博協会)は13日、女性理事を10人増やして13人にしたと発表した。女性の比率は16%から42%に高まる。万博がジェンダー平等を含むSDGs(持続可能な開発目標)への貢献を掲げるなか、多様性のある構成に改めた。

 同日の社員総会で12人の理事増員が決まり、計31人となった。新たに選任された女性は、浅川智恵子・日本科学未来館館長(IBMフェロー)や生駒京子・関西経済同友会代表幹事(プロアシスト社長)ら。そのほかロバート・キャンベル早稲田大特命教授とウスビ・サコ京都精華大学長の2人が選ばれた。

 万博協会の十倉雅和会長(住…

この記事は有料会員記事です。残り418文字有料会員になると続きをお読みいただけます。