藤井聡太三冠「年少記録気にしていない」 叡王戦終局直後の一問一答

有料会員記事

村上耕司
【ノーカット動画】将棋の藤井聡太二冠(19)=王位・棋聖=が豊島将之叡王(31)=竜王と合わせ二冠=に挑戦する第6期叡王戦五番勝負(不二家主催)の第5局が13日、東京都渋谷区で指され、藤井二冠が111手で勝ち、対戦成績3勝2敗で叡王のタイトルを奪取した。
[PR]

 将棋の第6期叡王戦五番勝負(不二家主催)の第5局は13日午後6時22分、藤井聡太二冠(19)=王位・棋聖=が111手で豊島将之叡王(31)=竜王と合わせ二冠=に勝ち、タイトルを奪取して史上最年少で三冠となった。終局直後、両対局者への代表取材の一問一答は次の通り。

藤井三冠「結果は意識せず、前を向く」

――本局を振り返って。

「積極的に動かれて、対応できるかどうかという展開。かなり難しい中盤が続いていたかなと思うが、▲6七銀引きから▲7六歩と、8筋、7筋を止めることができたので、なんとかバランスを保っていたのかなと思います」

――中盤の形勢は?

「飛車を圧迫される感じになって、飛車を持たれるとこちらの玉が薄いので、本譜のように切っていくのはあまり成算がなかった。どうなっているのか分からなかった」

――勝ちになったのは?

「▲6二金と打って、1手勝っているかなと思いました」

――叡王を獲得したことについ…

この記事は有料会員記事です。残り650文字有料会員になると続きをお読みいただけます。