総裁選、ちらつく決選投票 河野・岸田・高市3氏が描く議員票の行方

[PR]

 自民党総裁選をめぐる朝日新聞社の世論調査で、河野太郎行政改革相が「次の総裁」にふさわしい候補としてトップに立った。ただ、すでに河野氏を含め3氏が立候補を予定し、票の分散が予想される。「決選投票」までもつれる可能性があり、国会議員票の行方が焦点となりそうだ。

 河野氏は13日、世論調査の結果について、「大変いい数字が出たことは素直に喜んでいる」と記者団に語った。菅義偉首相を支えてきた衆院無派閥のグループもこの日、河野氏の支持を決めた。

 河野氏周辺が描く戦略は、高い知名度をいかして1回目の投票で党員・党友票(地方票)を集め、その勢いで中堅・若手議員らの支持を広げて過半数を獲得し、一発で勝負を決めるシナリオだ。

 ただ、河野氏が所属する党内…

この記事は有料会員記事です。残り1026文字有料会員になると続きをお読みいただけます。