市立中学教諭を免職 住居侵入やストーカー行為で 札幌市教委

芳垣文子
[PR]

 札幌市教育委員会は13日、ストーカー行為をしたとして、市立中学校の男性教諭(41)を懲戒免職とする処分を発表した。

 市教委によると、教諭は6~7月、被害者の女性宅に侵入したりつきまとったりするストーカー行為を繰り返したという。教諭は7月初めに札幌豊平署に逮捕され、9月7日、住居侵入とストーカー規制法違反の罪で札幌地裁で懲役1年、執行猶予3年の判決を受けた。「生徒、保護者の皆さんにご迷惑をおかけし深く反省している」と話しているという。

 檜田英樹教育長は「児童生徒や保護者、市民の信頼を著しく損なったことを深くおわび申し上げる」とコメントした。(芳垣文子)