練馬区なのに「吉祥寺」 アパ・マン名で探った人気の街のブランド力

有料会員記事

井上恵一朗
写真・図版
「ええじゃないか 関町南も吉祥寺」の絵札=吉祥寺かるた製作委員会提供
[PR]

 人気の街は、地名にもブランド力がある。「住みたい街ランキング」の上位にいつも入る東京・吉祥寺もその一つ。建物名に「吉祥寺」と付く範囲をたどってみると、厳密な地名とは異なる吉祥寺エリアが見えてくる。はたしてどこまでが「吉祥寺」なのか――。

 ええじゃないか 関町南も吉祥寺

 青梅街道から南へ、吉祥寺通りの始まる地域が東京都練馬区の「関町南」だ。この地名で思い出したのが、通り名にある繁華街を詠んだ「吉祥寺かるた」の読み札だ。

 札の解説にこうある。「明らかに吉祥寺駅よりも西武線の駅の方が近い地域なのだが、つい『吉祥寺に住んでいる』と言ってしまうらしい」

練馬区なのに「吉祥寺」20軒

 ネタ元は、大阪出身で関町南在住の漫画家・北村永吾さん(54)。26歳で上京し、吉祥寺で人気漫画家のアシスタントをした時期、「吉祥寺の人間になれた」と誇らしかった。独立して仕事場が練馬区になり、吉祥寺の狭いアパートを出て関町南のマンションに引っ越した時は、ぬぐえぬ寂しさがあった。

 転居後もバスで吉祥寺に出ては、行きつけの店に通う。大阪の人に住む場所を聞かれれば、「吉祥寺」と答える。「しょうもないプライドですが……。でも、青梅街道を越えてなければ、『吉祥寺』と言ってもいいだろう、と」

 地名が武蔵野市吉祥寺に変わ…

この記事は有料会員記事です。残り462文字有料会員になると続きをお読みいただけます。