浜松城二の丸御殿の基礎部分を確認、構造が明らかに

菅尾保
[PR]

 【静岡】浜松市文化財課は13日、浜松市中区浜松城跡(元城小学校跡地)を対象にした今年度の調査で、二の丸御殿の建物の基礎を発掘し、その詳細な構造が明らかになったと発表した。確認された遺構は、柱を支えていた礎石や礎石の据え付け穴、雨水を受ける溝などで、二の丸御殿の一部とみられている。

 この遺構は、「拾弐畳部屋」と呼ばれ、城主やその家族が使っていた私的な空間の一室と見られる。絵図などから建物の奥まった位置にある施設の一部だった可能性がある。

 礎石は6個確認されており、片岩や花崗岩(かこうがん)が使われていた。礎石と礎石の間は約2メートルで、「京間」を基準につくられており、江戸時代に建てられた二の丸御殿の基礎に当たるとみられるという。鈴木一有課長は「ここに二の丸御殿があったことは絵図などで予想されていたが、それを裏付ける物的証拠が確認できた意味は大きい」と話している。

 今回の調査では天目茶わんや家紋入りの瓦の破片など、数万点の出土品もあったが、コロナ対策のために一般への現地説明会などは行わず、15日から市のホームページで調査の成果や出土品を紹介するという。(菅尾保)