体操と新体操の世界選手権、予定通り10月に北九州で開催 有観客で

会員記事新型コロナウイルス

山本大輔
[PR]

 北九州市で10月に開催予定の世界体操・新体操選手権(主催・国際体操連盟)の組織委員会は13日、新型コロナウイルス対策会議をオンラインで開き、両大会を観客を入れて開催することに決めた。ただ、観客数の制限や観客の受け入れ地域などについては、今後の感染者数の推移や政府の緊急事態宣言の状況を踏まえて検討する。海外からの観客は受け入れないという。

 15日に予定されている組織委総会で正式決定する。組織委によると、福岡県北九州市の感染状況が改善傾向にあり、大会期間中が流行の谷間の時期となる可能性があることなどから通常開催は可能と判断。一方、感染状況が急激に悪化することがあれば再検討も可能としている。

 10月18~24日に北九州

この記事は会員記事です。残り596文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]