国内の100歳以上、8万6510人に 51年連続で過去最多を更新

石川友恵
[PR]

 「老人の日」の15日時点で、国内の100歳以上の高齢者は8万6510人となり、51年連続で過去最多を更新する見通しとなった。女性が7万6450人で全体の約88%を占める一方、男性も1万60人と初めて1万人台に達する。厚生労働省が14日、発表した。

 全体の数は前年の2020年よりも6060人増える。だが、19年比で9176人の大幅増となった20年と比べると増加幅は鈍化した。第1次世界大戦が終わったことなどを受け、1920年の出生数が多かったためとみられる。総人口約1億2623万人(20年の国勢調査の速報値)に占める割合は約0・07%となる。

 都道府県ごとに人口10万人あたりの人数で比べると、島根が134・75人で9年連続で最も多い。次いで高知が126・29人、鹿児島が118・74人。最も少ないのは32年連続で埼玉となり、42・40人。愛知の44・42人、千葉の49・12人が続く。

 国内の最高齢者は福岡市の女性、田中カ子(かね)さんで118歳。男性は奈良市の上田幹蔵(みきぞう)さんが111歳となっている。(石川友恵)