日米豪印首脳会談を24日開催へ 初の対面式で開催

ワシントン=園田耕司
[PR]

 サキ米大統領報道官は13日、声明を発表し、初の対面式の開催となる日米豪印4カ国(クアッド)首脳会談を24日に首都ワシントンのホワイトハウスで開催することを明らかにした。バイデン米大統領、菅義偉首相豪州のモリソン首相、インドのモディ首相が参加する。

 サキ氏は声明で「クアッドの指導者たちを招待することは、バイデン政権がインド太平洋への関与を重視していることを示すものだ」と強調した。クアッド首脳会談では、新型コロナウイルス対策、気候変動への対応、新興技術やサイバー分野での協力、「自由で開かれたインド太平洋」の推進を協議するという。

 クアッド首脳会談は3月、オンライン形式で開催されたが、対面式は今回が初めて。前回会談で、今年末までに対面式の会談を開催することで合意していた。日本からは菅首相が参加するが、退陣直前となるため批判も出ている。

 クアッドは、バイデン米政権が進める同盟国・友好国との連携を軸にした対中戦略の核心部分として位置づけられている。バイデン政権としては、アフガニスタンからの米軍撤退も完了したことで、中東周辺からアジア重視へとシフトする姿勢をアピールする狙いがあるとみられる。(ワシントン=園田耕司