「北朝鮮に関与する姿勢変わりはない」 米政権、外交的解決を強調

ワシントン=園田耕司
[PR]

 北朝鮮が新型長距離巡航ミサイルの試射に成功したと発表したことについて、ジャンピエール米大統領副報道官は13日、大統領専用機内で同行記者団に対し、「朝鮮半島の完全な非核化という我々の目標に向け、米国が北朝鮮に関与する用意があるという姿勢に変わりはない」と述べ、北朝鮮の核ミサイル問題をめぐっては外交的解決を目指す姿勢を強調した。

 バイデン米政権は、段階的な非核化を目指す「現実的なアプローチ」と名付けた対北朝鮮政策を採用。圧力路線ではなく、対話路線に力を入れている。

 ジャンピエール氏は会見で、「我々の『現実的なアプローチ』は、米国や同盟国の安全を高めるため、北朝鮮との外交を模索するものだ」と強調。さらに、「前提条件なしでいかなる場所でもいつでも会うという我々の提案に変わりはない」と述べ、「我々の外交的な努力は変わらない」と語った。

 一方、米国防総省のカービー報道官は13日の記者会見で、今回のミサイル発射について「北朝鮮が引き続き軍事計画の進展とともに、隣国や国際社会に脅威を与え続けることに傾注していることを明確に示すものだ」と批判した。(ワシントン=園田耕司