百貨店、新ビジネス強化 地方アートPR・出張販売・自前ブランド…

有料会員記事

橋田正城
写真・図版
企業のオフィスにトレーラーカーで出向き、車内の「売り場」で接客する三越伊勢丹の販売員=2021年7月5日、東京都内、同社提供
[PR]

 百貨店各社が、店でモノを売ること以外の新事業の取り組みを加速させている。業界の売り上げは減少が止まらず、新型コロナ禍での客離れにも見舞われているためだ。マーケットに深く入り込み、業容の立て直しにつなげる狙いがある。

 「百貨店が、できなかったことに挑みます」。4月に法人事業部を改組して発足した三越伊勢丹ビジネスソリューション事業部は、刺激的なコピーを掲げる。

 上場企業を中心に、1千以上…

この記事は有料会員記事です。残り1359文字有料会員になると続きをお読みいただけます。