医療従事者、ワクチン故意に4回接種 「変異株恐れ」優先枠を利用

新型コロナウイルス

伊藤誠
[PR]

 奈良県斑鳩(いかるが)町は14日、町内に住む医療従事者の50代男性が今年5月から8月にかけて計4回、新型コロナウイルスワクチンを接種していたと発表した。男性は「変異株の流行から自分の身を守るためだった」と話しているという。健康被害は確認されていない。

 町健康対策課によると、男性は県外の医療機関で5月18日と6月11日、医療従事者用の接種券を使って優先枠で接種を受けた。その後に町内であった64歳以下対象の集団接種では「初接種」と申告した上で、7月25日と8月15日に町の接種券を使って接種したという。

 県民が県外で接種した場合、県国民健康保険団体連合会を通じて自治体に通知が届く。だが、男性が5月に接種したことを示す通知が町に届いたのは8月後半だった。町の担当者が接種記録を入力する際に3回以上接種していたことに気づいたという。

 男性が接種したのはいずれもファイザー製。同課は「接種回数について本人への聞き取りなどを徹底する」としている。(伊藤誠)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]