「思い込みから塁審が見ていなかった」 審判長らがヤクルトに謝罪

[PR]

 13日のプロ野球・中日―ヤクルト戦(バンテリンドーム)の九回のヤクルトの攻撃時の判定について、日本野球機構(NPB)の友寄正人審判長と杵渕和秀セ・リーグ統括が14日、神宮球場を訪れ、ヤクルト側に経緯を説明し、謝罪した。

 問題となったのは0―1の九回1死一、二塁からの判定。

 川端慎吾の二塁へのゴロで一、二塁間での挟殺プレーが始まった。球を持った遊撃手が二塁を踏んで封殺のはずが、審判がアウトの宣告をしなかったためにプレーが続き、一気に本塁を狙った二塁走者の古賀優大がタッチアウトになった。

 二塁塁審は、川端が一塁でアウトになったと思い込み二塁での封殺の確認をしなかった、と説明しているといい、友寄審判長は高津臣吾監督らに対し、「思い込みから二塁塁審が見ていなかったことが起因になった。申し訳ありません」と謝罪したという。二塁塁審についてNPBは厳重注意とした。

 このプレーの後、中日側の二塁封殺で併殺の成立ではないかとのリクエストが認められ、試合は終わった。

 高津監督は「二塁でジャッジがあれば走者は動かなかった」として約15分間にわたって、経緯を確認していた。