自民・小泉氏、河野氏支持表明 石破氏との連携批判に「理解不能」

自民党総裁選2021自民

戸田政考
[PR]

 小泉進次郎環境相は14日、地元の神奈川県横須賀市で記者会見を開き、自民党総裁選(17日告示、29日投開票)に立候補を表明している河野太郎行政改革相を支持する意向を明らかにした。小泉氏は「河野氏のような強烈な個性を持つ個人が躍動できる、懐の深い自民党に変わらなければいけない」と訴えた。

 小泉氏は、河野氏が党内で距離を置く議員も多い石破茂元幹事長に公然と支持を求めたことに、「自然なことだ」と語った。石破氏と疎遠な麻生太郎財務相率いる麻生派出身の河野氏なだけに、今後を懸念する声もあるが、小泉氏は「『石破さんが応援するなら河野太郎はやりたくない』なんて理屈は理解できない」と言い切った。

 これに関連し、最大派閥の細田派がこの日、高市早苗総務相岸田文雄政調会長の支持を決めたことについて「言い換えれば『河野太郎は絶対だめだ』ということ。そのこと1点をもって、誰が自民党を、日本を変えられる新しいタイプのリーダーか明らかだ」と強調した。

 一方、政策面については言葉を濁すいいぶりも目立った。河野氏が「脱原発」の持論を封印しているとの指摘には「国民、党員の支持を基盤にした改革に対する挑戦を続けなければいけない」とかわした。森友学園への国有地売却をめぐる公文書改ざん問題について、河野氏が再調査を「必要ない」と説明した点について、「未来に向けて、将来に向けた課題に最大のリソースを割きたい」と述べるにとどめた。

 河野氏が自身のツイッターで特定の人からのアクセスを制限する「ブロック機能」をたびたび使うことについては、「政治家はものすごい罵詈(ばり)雑言もあびる。自分の精神的な健康を守るためにもブロックすること、私は支持します」と擁護した。(戸田政考)