京都市立学校・幼稚園、2%がコロナで学級閉鎖 2学期で計91学級

会員記事新型コロナウイルス

向井光真
[PR]

 京都市教委は、2学期が始まった8月25日から9月8日までに、市立学校・幼稚園の全学級の約2%にあたる91学級(59校)が、新型コロナウイルス感染に伴って学級閉鎖したと明らかにした。学年閉鎖は5校5学年に及んだという。9日の市新型コロナ対策本部会議で報告した。

 市教委は、感染した子が感染可能期間(おおむね発症日2日前~発症日)に登校していれば、その学級を閉鎖し、その学級で集団PCR検査をする。複数学級が閉鎖した場合などは学年閉鎖をする。

 学級閉鎖した91学級のうち、集団PCR検査の結果が判明したのは78学級。このうち60学級では追加で陽性者は確認されなかったが、13学級では新たに1~3人、5学級では新たに4人以上の感染者が確認された。学級閉鎖は3~14日間程度だという。

 期間中に市が把握した児童生…

この記事は会員記事です。残り116文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]