室町の京、舞と琵琶でど派手にぶちかますロック 世界が喝采「犬王」

有料会員記事

小原篤
[PR]

 能楽師と琵琶法師が室町時代の京でど派手なロックをぶちかます映画に、世界からベネチアに集った観客が喝采――。11日まで開かれた第78回ベネチア国際映画祭で、湯浅政明監督の長編アニメ「犬王(いぬおう)」が世界初上映された。ノリの良い音楽と斬新な映像をたたえる拍手に、湯浅監督は何度も頭を下げてこたえた。

 「犬王」は室町時代に実在した異形の能楽師・犬王と、平家の呪いによって盲目になった琵琶法師・友魚(ともな)の友情物語。ベネチアでは、先鋭的な作品を集めた第2コンペのオリゾンティ部門に選ばれた。

 劇中、友魚の琵琶と犬王の舞はヒートアップし、ロックの爆音に乗って犬王が極彩色のライトを浴び宙乗りを見せる。

 9日の上映後、質疑応答で音…

この記事は有料会員記事です。残り515文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら