ロシアのプーチン大統領が自主隔離 側近相次ぎ感染、本人は「健康」

有料会員記事新型コロナウイルス

森岡みづほ
[PR]

 ロシア大統領府は14日、プーチン大統領が、側近が新型コロナウイルスに感染していたことを受けて自主隔離に入ったと発表した。隔離期間は明らかになっていない。プーチン氏は陰性だといい、大統領府は「全くもって健康だ」とした。

 AP通信によると、プーチン氏は14日の官僚らとのオンライン会議で「側近の何人かが新型コロナに感染した。13日に一日中、話をしていた人物も含まれていた」と発言。自身も自主隔離の措置をとるとした。プーチン氏は今春、自国産ワクチンのスプートニクVの接種を終えているという。

 プーチン氏は隔離直前の13日にもパラリンピアンやシリアアサド大統領と会談し、握手を交わしていたという。アサド大統領は3月に新型コロナに感染したが、回復した。

 プーチン氏は今週、中央アジ…

この記事は有料会員記事です。残り154文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]