横浜銀蝿「閉店詐欺はしない」 人生かけたラストアルバムに悔いなし

会員記事

定塚遼
[PR]

 1980年代に一世を風靡(ふうび)したロックバンド「横浜銀蠅(ぎんばえ)」が、40周年を機に期間限定の再結成を果たし、アルバム「ぶっちぎり249」を9月8日にリリースした。12月までツアーを回ったあと、今年いっぱいで活動を終了する。

 高校の同級生だった翔とJohnnyを中心に80年にデビューすると、「ツッパリ」のキャラクターと、疾走感やユーモアのある楽曲で、すぐに人気を獲得し、日本レコード大賞特別賞も受賞した。

 解散後、翔はミュージシャンを続けた。Johnnyは裏方になり、現在、キングレコード系列のベルウッド・レコードで社長を務める。別々の道を進み、解散から40年近くたって再び道が交わった。

 Johnnyは20年ぶりに…

この記事は会員記事です。残り467文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。