「うわさ」拡散で実害も 著名人中傷の投稿、対策チーム連携で摘発例

会員記事

増山祐史、岩田恵実、角詠之
[PR]

 人気ユーチューバーを脅す書き込みをしたとして、警視庁が食料品配達員の男(24)を脅迫容疑で逮捕した。

 著名人へのウェブ上での誹謗(ひぼう)中傷や脅迫が明らかになる例が近年続いている。

 昨年にはテレビ番組に出演したプロレスラーが繰り返し中傷された末に命を絶った。東京五輪の期間中には卓球水谷隼選手(32)が、SNSに「死ね」「人間やめろ」といった投稿が相次いだことを明かし、サーフィンや体操などの選手も被害を訴えた。事件や事故の関係者への心ない書き込みも少なくない。

 ウェブ上のアーティストの被害も深刻だ。

 多くの人気ユーチューバーを…

この記事は会員記事です。残り320文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。