さらば松坂屋豊田店 ベテラン従業員、それぞれの思い 30日閉店

有料会員記事

根本晃
[PR]

 愛知県豊田市松坂屋豊田店が、30日で約20年の歴史に幕を閉じる。平成、令和と時代が移ろうなか、「街の顔」として多くの市民に親しまれてきた。開店当初から勤務する従業員たちの思いは。

 「まさか」

 1階菓子売り場担当の牧みちるさん(54)は耳を疑った。昨年4月、豊田店の閉店が突然発表されたのだ。「定年まで働くつもりだったので、現実じゃないような気がしました」

写真・図版
菓子売り場で接客する牧みちるさん(右)=2021年9月14日、愛知県豊田市、根本晃撮影

 愛知県一宮市出身の牧さんが豊田店で勤め始めたのは2003年。01年の開店から2年後だった。当時、夫と離婚し、両親と兄が住んでいた豊田市に引っ越して来た。新聞で豊田店の求人広告を見て、自宅から通えると思い、応募した。以来、ずっと菓子売り場の担当をしている。

 入社して間もないころは、品…

この記事は有料会員記事です。残り1128文字有料会員になると続きをお読みいただけます。