KENZOの新デザイナーにNIGOさん 「とても誇りに思う」

ファッション

編集委員・高橋牧子
[PR]

 フランスの有名ブランド「ケンゾー」のデザインなどを手掛けるアーティスティックディレクターに、ストリートファッションで知られる日本人デザイナー、NIGOさんが今月20日付で就任する。ケンゾーを有するLVMHファッショングループが15日発表した。

 ケンゾーは昨年10月に81歳で急逝した高田賢三さんが1970年に立ち上げ、花柄のゆったりとした服などで高く評価された。93年にLVMHグループに買収され、99年に高田さんの退社後は様々なデザイナーが手掛けていたが、日本人が就くのは初めて。

 NIGOさんは高田さんのパリ・デビューと同じ70年生まれ。90年代初めに、東京・原宿に店を開き、独特の迷彩柄が特徴的なカジュアルウェアのブランド「ア ベイシング エイプ(ベイプ)」で世界的な人気を得た。ルイ・ヴィトンなどと協業した。今回の任命について「とても誇りに思う」とコメントしている。

 LVMHファッショングループのチェアマン兼CEOシドニー・トレダノさんは「彼のような才能のある日本人デザイナーを迎えることは高田氏の築いたケンゾーの歴史に新しいページを刻むことになる」とコメントした。(編集委員・高橋牧子)