「グリーン水素」安定供給へ 岩谷産業など日豪6社、事業化向け調査

加茂謙吾
[PR]

 岩谷産業川崎重工業関西電力など日豪6社は15日、つくる過程で出る二酸化炭素(CO2)が少ない「グリーン水素」の製造・輸入に向けた調査を共同で始めると発表した。オーストラリアを拠点に大量生産し、日本への安定供給と生産コストの引き下げをねらう。

 計画では、現地のエネルギー会社が太陽光や風力などでつくった水素を液化し、船で日本へ運ぶ。発電所や工場など、産業用での需要を念頭に置いているという。1日あたりの生産規模は、2026年ごろに100トン以上、31年以降に800トン以上を目指す。今後、半年ほどかけて調査し、技術や資金面の課題を検討する。

 政府は30年までに、CO2排出が実質ゼロの水素の国内供給量を年間42万トン以上に増やす目標を掲げている。だがコストの高さが課題で、岩谷産業の広報担当者は「国内でグリーン水素の利用を広められるかの一つの試金石になる」と話す。加茂謙吾