米英、豪の原子力潜水艦保有を支援へ 中国念頭に新たな安保の枠組み

ワシントン=園田耕司
[PR]

 バイデン米大統領は15日、米ホワイトハウスで記者発表し、インド太平洋地域における米英豪3カ国の新たな安全保障協力の枠組み「AUKUS」を設置することを明らかにした。中国への対抗を念頭に安保協力を強化し、米英は豪州原子力潜水艦の保有を支援する。

 英国のジョンソン、豪州のモリソン両首相もオンラインを通じて参加した。

 バイデン氏は、米英豪3カ国が第1次世界大戦以来ともに戦ってきた最も古い同盟国であると指摘し、「(米英豪は)21世紀における脅威に立ち向かう能力を最新のものへと高めていく」と強調した。「AUKUS」ではサイバーや人工知能(AI)などの最先端技術、サプライチェーン(供給網)などの分野での連携を強化し、インド太平洋地域の戦略的な環境に対応するという。

 とくに豪州が力を入れる高性能の潜水艦能力をめぐっては「AUKUS」の最初の取り組みとして、米英が原子力潜水艦の技術を供与する。原潜はステルス性に優れ、長距離潜航が可能となる。最も機密性が高い軍事技術で、米国がこれまでに供与したのは英国のみだ。今後18カ月間、3カ国でチームを結成して計画策定にあたるという。

 ただし、核保有国ではない豪州が原潜能力を保有することで、核兵器不拡散条約(NPT)体制との整合性をめぐって物議を醸す恐れがある。モリソン氏は「豪州核兵器の獲得を目指しているわけではない」と主張。バイデン氏豪州が保有するのは「原子炉を動力とした通常兵器搭載の潜水艦だ」と説明し、NPT体制に問題ないとの認識を示した。

 「AUKUS」は、ルールに基づく国際秩序を重視するとしている。3カ国は直接的な名指しは避けているものの、中国への対抗を念頭に結成されたことは明らかだ。米国はすでに日米豪印4カ国(クアッド)などを通じ、インド太平洋地域周辺の同盟国・友好国との連携を強化している。最新鋭空母「クイーン・エリザベス」の派遣など、インド太平洋地域への関与を強める英国を含めた「AUKUS」が存在感を高めれば、米中の対立する同地域のパワーバランスに影響を与える可能性がある。南シナ海で軍事拠点化などを進めている中国は強く反発しそうだ。(ワシントン=園田耕司