「米英豪」だけだからできること 太平洋、新たな安保協力の意味

有料会員記事

聞き手・園田耕司
[PR]

 米英豪3カ国が新たに立ち上げたインド太平洋地域における安全保障協力の枠組み「AUKUS」。なぜこの3カ国によって結成されたのか。米中対立の深まる同地域のパワーバランスにどのような影響を与えるのか。東アジアの安全保障問題に詳しい米ランド研究所のジェフリー・ホーナン研究員に聞いた。

 ――新たな安全保障の枠組み「AUKUS」で、なぜ米国は英国と豪州をパートナーに選んだのか。

 「英国と豪州は、米国にとって最高レベルの同盟国といえる。日米豪印4カ国(クアッド)にはインドのように同盟国ではない国も含まれているが、英国と豪州は過去の戦争を一緒に戦ってきた関係がある」

 「米英豪の枠組みはクアッド…

この記事は有料会員記事です。残り745文字有料会員になると続きをお読みいただけます。