台風14号、17日にも九州上陸へ 西日本から北日本で大雨の恐れ

[PR]

 東シナ海にある台風14号について、気象庁は16日、17日にも九州北部に接近、上陸する恐れがあると発表した。一時は温帯低気圧になると見られていたが、再発達したとみられる。同庁は、西日本から北日本の広い範囲で暴風や土砂災害などに警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、台風は16日午前9時現在、長崎県五島市の西南西約440キロを西北西へ進んでいる。台風の勢力を示す中心気圧は990ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は25メートル。今後は東シナ海を北上した後、進路を北東に変え、17日には九州北部に上陸。18日にかけて東日本を通過する見込み。

 16日夜から17日にかけては西日本を中心に、18日は西日本から北日本の広い範囲で大雨となるおそれがある。18日正午までの24時間の降水量は、多いところで東海400ミリ、九州北部、四国、近畿、関東甲信で300ミリと予想されている。

 台風14号は東シナ海中国大陸からの冷たく乾いた風を受けて勢力を弱め、温帯低気圧になると見られていたが、海面水温が高い東シナ海で湿った空気を取り込み、再発達したとみられるという。

 気象庁の岸本賢司・主任予報官は取材に「台風が近づく前に、雨が強まるところもある。最新の気象情報を確認してもらうことが重要。雨で交通機関が乱れる恐れもある」と注意を呼びかけた。