「禁錮5年の実刑」重いか軽いか 池袋暴走事故、判決を専門家が分析

有料会員記事

新屋絵理
[PR]

 2019年に東京・池袋で母子2人が死亡するなどした乗用車の暴走事故で、90歳の被告に言い渡されたのは「禁錮5年の実刑判決」だった。無罪を主張した被告への批判が法廷内外で続いたなか、専門家は量刑の妥当性をどうみたのか。

 2日の東京地裁判決は、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院元院長・飯塚幸三被告(90)に対し、「アクセルとブレーキを踏み間違えた。過失は重大だ」と認定。法定刑の上限にあたる禁錮7年という検察側の求刑もふまえ、禁錮5年とした。

元検事「社会の関心で求刑も重く」 判決に影響か

 元横浜地検交通部長で交通事故に詳しい鈴木敏彦弁護士は、今回の判決を同じ罪の事故と比べて「やや重い」と受け止めた。

 鈴木弁護士によると、検察は一般的に、飲酒運転や信号無視など悪質性が高ければ懲役刑、それ以外の過失は禁錮刑を選び、「結果の重さ」と「過失の大きさ」をふまえて刑期を決めて求刑する。「社会の関心が高い事件では求刑が重くなることもある」という。

 そのうえで鈴木弁護士は、飯塚被告への判決は検察による重い求刑が主に影響したとみている。過失運転致死傷罪の法定刑の上限(7年)は、電車や航空機の事故で適用される業務上過失致死傷罪の法定刑の上限(5年)よりも重い。今回の判決が「車以外の事故と比べても重い」と語る鈴木弁護士は、「プロの運転者よりも一般の人の過失が厳しく罰せられ、整合性がとれていない」と法定刑の違いを問題視する。

 事故で妻子を亡くした松永拓也さん(35)は会見で「被告に罪と命に向き合ってほしかった」と訴え、飯塚被告が「車の異常」と主張して過失を認めなかったことを非難した。

 無罪主張を繰り返した被告の姿勢は、判決で不利に働いたのか。

罪を認めた場合、量刑が減る可能性は

 元東京高裁部総括判事の原田…

この記事は有料会員記事です。残り606文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら