• アピタル

使用済み注射器刺すミス、ワクチン接種完了と偽る 看護師が後に告白

新型コロナウイルス

狩野浩平
[PR]

 立命館大学は16日、大阪いばらきキャンパス(大阪府茨木市)で行っている新型コロナウイルスのワクチン接種で、8月31日に看護師が使用済みの注射器を別の人に刺すミスがあったと発表した。ワクチンは注入できなかったが、看護師は接種完了したと偽っていた。ミスを報告していなかったという。

 立命館大によると、ミスをしたのは一般社団法人「関西健康福祉協会」から派遣された看護師。当時、ベッドに横になったまま接種を希望する人がいたため、看護師は通常の接種室と別の部屋に移動し対応した。接種後、使用済み注射器は未使用のものと同じ容器に入れた。

 接種室に戻るとすぐに次の希望者が入ってきたため、慌てて使用済みの注射器を刺した。すぐにミスに気づいたが、別のものを刺し直すと怪しまれると思い、問題なく接種が終わったように振る舞った。未使用の注射器が余るとミスがわかるため、1本を廃棄したという。

 看護師は9月13日、関西健康福祉協会にミスを告白。協会と立命館大は看護師が担当した午後3時半~5時半に接種を受けた81人に事情を説明して謝罪。血液を介した感染症に加え、ワクチンの効果が不十分な可能性があるため、血液検査や抗体検査を受けるよう呼びかけている。費用は関西健康福祉協会が負担する方針だという。

 看護師は調査に、「気が動転してしまった。罪悪感に耐えられずに打ち明けた」と説明しているという。立命館大は「再発防止に向けて管理運営を徹底して参ります」とコメントしている。(狩野浩平)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]