春夏連続甲子園の北海高校 バッテリーそろってプロ志望届提出

川村さくら
[PR]

 春夏連続で甲子園に出場した北海高校(札幌市豊平区)の野球部でエースだった木村大成投手(3年)と、捕手の大津綾也(りょうや)選手(同)のバッテリーが10日、プロ志望届を提出した。目標としてきたプロ野球での活躍を夢見て、10月のドラフト会議を待つ。

 2人の仲の良さは自他共に認めるところだ。大津選手は「恋人みたいな感じですよ」と言う。息の合ったバッテリーが、チームを春夏連続出場へ導いた。

 ところが、木村投手は入部時の大津選手の第一印象について「一番苦手なタイプだと思った」と振り返る。いつもにこやかな様子が「へらへらして見えた」。しかし、2年生の夏に正式にバッテリーを組んでからは「プロになる」という共通の目標に向け、信頼関係を築いていった。

 衝突することもあった。選抜大会での神戸国際大付戦では九回にバッテリーミスから同点に追いつかれ、十回にサヨナラ負けを喫した。札幌へ戻ってきてから、木村投手は「お前じゃだめだ」と大津選手に言い放った。相変わらず笑顔で練習する大津選手が、敗戦から何も学んでいないように見えたからだった。大津選手は「春行けたから夏も甲子園に行けるという思い込みがあった」と自省しつつ、「腹が立って、やってやるぞと思った」。

 続く夏も1回戦で神戸国際大付と当たり、惜敗したが、試合後には互いを認め合えるまでになった。大津選手は「毎日話し合ってきた。ぶつかってけんかもしたが、ここまで来られてよかった」。木村投手も「野球でもプライベートでも一緒にいてくれるありがたい存在だった」と話した。

 大津選手は北海道せたな町北檜山出身。小学校のころは日本ハムファイターズが手がける小学生チーム「ファイターズジュニア」の選手に選ばれ活躍した。木村投手は北広島市出身。日ハムファンで、実家からは新球場となるボールパークの建設現場がよく見える。

 木村投手は「どこのチームでも何位でも関係ない。まずはプロに入りたい。活躍して日本代表のユニホームを着たい」。遠い世界だと感じながら見ていたプロ野球の中継だが、最近は「自分もここで投げるんだ」と感じられてきたという。(川村さくら)