「ぷよぷよ大会」で手軽に社内交流 NTT系がeスポーツ支援パック

山本知弘
[PR]

 社員同士がオンラインゲームで対戦して交流を深める「社内eスポーツ大会」の開催を手助けするパック商品を、NTT東日本グループが売り出す。準備の支援や当日の台本、映像配信などを含めた基本料金は税込み110万円。コロナ禍で社内コミュニケーションの機会が減るなか、企業がeスポーツへの関心を高めていることに目をつけた。

 「社内レクパッケージ」と名付けてNTTe―Sports(スポーツ)社(東京)が16日発表した。オフィスや社員の自宅のほか、東京・秋葉原にある同社の施設からも参加でき、最大16チームに分かれて対戦できる。ゲーム映像は配信するため、オンライン上で応援できる。

 相談から開催までは最短2週間ほど。基本料金では、セガの人気パズルゲーム「ぷよぷよ」が楽しめる。有料オプションで他のゲームも選べるほか、司会や実況中継役の派遣にも応じるという。

 eスポーツのプレーヤーとしても知られる影澤潤一副社長は「ゲーム会社への許諾手続きなども対応するので、一体感を味わえる大会を手軽に開くことができる」と説明。年度内に50社の利用を見込み、企業内部活動のコンサル業務などにもつなげたいとしている。(山本知弘)