日テレ、10月から放送と同時にネット配信 TBSなども年度内検討

有料会員記事

[PR]

 日本テレビは、テレビ番組を放送と同時にインターネットで見られる「同時配信」を10月2日から夜の時間帯の番組で始める。テレビがなくても、スマートフォンやパソコンで地上波と同時に、国内なら地域にかかわらず視聴できるようになる。民放では初で、TBSやフジテレビも年度内の開始を目指している。

 若年層を中心にテレビ離れが進む中、テレビ局は新たな視聴者を獲得する方法を模索しており、放送と通信の融合が加速する。

 日テレによると、民放共通の配信プラットフォーム「TVer(ティーバー)」で無料配信する。2日午後7時の「I LOVE みんなのどうぶつ園」から始める。午後7~11時台のバラエティーやドラマの多くが対象となり、午後8時台は連日配信する。

 同社は昨年10~12月、系列の読売テレビ中京テレビの2局と同時配信を試行。利用者のニーズが確認できたという。キー局による同時配信が地域を越えて広がると、地方での視聴率や連動する広告収入が減るといった懸念があるが、この時間帯の番組配信に系列局の理解を得られたという。

 放送関係者によると、民放キ…

この記事は有料会員記事です。残り295文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら